おもろ~母ちゃん♪

人生、おもろく、楽しく生きやな「もったいない」ですわ。

(その4)年中蚊の季節。しつこすぎる奴らを鎮める捨て身の技。

😆らっしぇいまし🙏🌟


お久しぶりですが前回の続きッス。


うっさい蚊のあの耳障りな羽音さえなければ

安眠可能。


なので、

就寝中に

「捨て身戦法」

に出ることにした。

何故「捨て身」なのかは、追々わかります。


まず、蚊どもがウルセーって事は、

耳元まで吸血に来とる。

という話になります。


なら、

そこまで来させなければヨロシイ。


つまり、布団から必ず出ているのは頭である。多分。少数を除いて皆。


なので、まず布団を頭まで被る(夏場はタオルケット等。若干、布団の端を浮かして息する為の空気穴は開けておく


そして、

素足を布団から出しておく。。。


何故か?


要は足に奴めらがまとわりついても、耳までは遠いし、頭は布団に覆われているので、そこまで吸いに来ようがない。


(空気穴から奴が入ってきそうだが、もしそうなったら素早く穴を封鎖し、布団の上からプレス技を発動させるのみ。。。

布団の中に侵入した奴には逃げ道は無いのだ。。。まあ、一度も入られたことはナイが)


フッフッフッ。。。


つまり、

餌場を耳(頭)から足へと遠くにしてやるのだ。


これで、


あの「ブゥーン」なんつうイヤラシイ音を聞かずぬ済む!!

 


足を生け贄にするのだ。

 

これが

捨て身戦法!

 

モチロン、刺されますヨ。


だが、あのブゥーンで安眠妨害されるより断然ヨイ。


足クンには悪いが、ガマンしてもらおう。


それ程までに眠りを妨げられたくないのだ。


が、


ずっとこの状態の訳ではない。

それは追々わかります。

 

そして


わし。。。寝間に入る。。。


明かり消す。。。


。。


「ブ~ン」


来たわ!


すかさず布団被る。足出す。


しめしめ。。。


奴めは餌場(頭)が消え、

「新天地・足」へ行かざるをエンだろう。


。。しばらくして、何となく足にとまった感アリ。


感覚無き場合もあるが。。。ま、大抵おるやろ。


そしてここでは、

ジッ。。。と身動きひとつしてはならぬ。


心ゆくまでタップリ吸わせてやるのデス。


理由は、

腹いっぱいにさせれば、満足してもう来ぬようになる。

と考えたからデス。


カチ。。カチ。。カチ。。数分経過。。。


プハー!


やはり息しにくい。

だがまあ、これで奴めは満腹になって、もう喰らいに来ぬであろうと思い、布団から頭を出す。


ウッシッシ。これで本格的睡眠に入れるぞお。。。


「ヴゥーン」


ん!?


ナンダ何だあ?


また来おったど。

さっきのやつとは別モノか?


しゃあないなあ!


ガバッとまた布団を被り、先程と同じ体勢に。


んで、しばし待つ。


。。。


よし、今度こそ、あんニャロメは満腹、満足で気が済んだだろう!


で、布団より頭を出し大きく息を吸い、


さあ!寝るぞお♬

 


ーーブゥウウ〜〜ンーー

 


「ンガアッ!?!?」


何度「捨て身戦法」を繰り返しても、あんにゃろどもはクドくシツコク何回もやって来くさる。。


どんだけいてんだ?

どんだけ腹いっぱいになれば気が済むんだ??


こんなに沢山いるのはオカシイ。。

 


ー敵を知らねばならぬー

 

で、蚊の採餌行動について検索。

 


。。。フォォ。。ナンテコッタ。。


奴らは一回では満腹まで吸血せず、

「チミ。。チミ。。」

とチョロっと吸っては飛び立ち、また獲物に向かう。を繰り返すとかナントカ。

 

!!一度で済ませろ!!


何て面倒くさいヤツラだ!


我がお御足を贄にした作戦は失敗だった。


布団を頭まで被りっぱなしで寝るわけにはいかん。苦しい。

タオルケットでも無理だ。


覆面マスクを被るのも考えたが、何だかなあ。。。

家族にめっちゃネタにされそうだ🥸

それに部分的に顔出てるし。そこ刺されるがな。

何より寝にくそうでアル。


しゃあない、捨て身の戦法はボツ。


なので今は以前のブログ(その2)に書いた、寝る前の蚊の駆除、そして寝こけた頃にそれでもアイツらが襲ってきたら、


「最終兵器・蚊取り器」セッティング


で落ち着いて?マス。


⚠うちの愛鳥たちはモチロン別室ですヨ。

だが、蚊取り器を仕掛けた翌日は、しっかり換気!!

 


。。ありぃ?何故かまだ蚊の話ありますよ。。

それもまた次回に。


今度は蚊に刺される事により被った災難ナドをば。。

 


f:id:icuteno2:20220701084538j:image


イソヒヨドリのイソッペ:「ウォラアア!ここのチュンチュンビュッフェは俺様一羽の貸し切りダアッッ!」


勢いはいいのですが、いかんせんちっさく写ってて迫力にかけますな。。。

 

イソヒヨのイソッペ。。。こやつが来ると、彼よりちっさい雀っ子達は「チュンチュンビュッフェ」により付きません。

デカくて怖いのでせう。。。

 

こやつ一羽で心ゆくまで食い放題デアリマス😱


身体大きいのは自然界では得だねえ😓


ここまで読んでくださり、感激至極🎊

 

 

 

 

(その3)年中蚊の季節。就寝中の蚊とのバトル。

✨ハロお🤗✨


ささっ。まだ懲りずに蚊の話をするとしますか🥰


寝る前の蚊退治の話を前回しましたNE。


それでも討ちこぼした蚊どもスヤスヤ真っ最中にやかましく吸血にくるとです。


モチロン、目は醒める。


。。


。。。まだです。


まだですよ。


最終兵器「蚊取り器」


の出番はまだ早い。。。

 

まず、暗がりの中、物理的に仕留められぬかとガンバってみます。


まず、頭部を狙ってきたら、あの生理的不快感をもよおす


ヴィーーン


の羽音がしますね。

身体の他の部位では聞こえにくいのでどうしようもないのですが、


耳を含んでいる頭部なら、奴がわしを吸おうと飛んできたのが音で分かります。


ーー焦ってはいけないーー


まず、ヤツを皮膚に着地させる。

(まれにその感触が。。。)


んで、吸わせる。


なぜおめおめと吸われるのか?


ヤツを油断させるタメです!!


奴めらは、

「このニンゲン、気付いてナイネ💖よし、ゆっくり吸ったろ」

なんて気が緩む筈。。。


それに、吸いかけると

「もうちょいイケるやろ」


ナンテ、

調子に乗って長居するかもしれん。


などと考え、心ゆくまで吸わせ。。はせず、丁度頃合いを見て、


パーーーン!!


平手打ち。


でも、

暗闇


なので

「きっとこの辺りだ(希望)!」

的なトコを狙って引っぱたくので


まず

ノーヒット

ですな。


片手で叩くから当らんのかと思い、

2倍の面積ならどうだと、

「両手」

を使ってバッチーンと、してもみるが、やっつけた感がナイ。


そしてまた


ブ~ン


クソォッ!

 

布団を一気に被り、その上からバチバチ叩きまくる。


だが、


またしばらくしたら、


ブーーーン


だと!

 


以前TVで知ったのだが、

蚊は案外頭が良いので一度襲ってきたニンゲンには近づかなくなるらしい。と。


そんなん!


うちの蚊どもは何度潰そうとしても、

ねちこく、すぐさま吸いにやってくるぞ!?


TVで実験された蚊は賢く、うちの家の蚊どもは阿呆なのか。。。?


だから

奴めらを叩き潰しそこねたニンゲンが

今度こそ亡きものにしてやる!」

と、

まだ気色ばんでいる真っ最中に、

 

蚊、のこのこ再度吸血に現れる。


。。それを屠られるまで繰り返す。


やはりあほですか。うちの蚊。。。


まあ、そんだけ餓えてるのかもしれんが。。


んで、就寝中のじゃかましい蚊をどうするかの話ですが。


要は、わしの場合、睡眠さえ邪魔されなんだらヨイ。という結論に至った。


捨て身の戦法とでもいいませうか🔥

それをしてみた。

(蚊取り器はまだですぞよ。。。)

 

そのことはまた次回に(人 •͈ᴗ•͈)


f:id:icuteno2:20220615115440j:image

スズメ4羽衆:「蚊なんて食ってしまったら済むのに」「なあ」「しかし、ここのビュッフェは口コミで流行ってきたねえ」「あまり流行るとボクの取り分減っちゃうよ💦」

 

うちの「チュンチュンビュッフェ」も最初の頃よりお客様が増えております。近隣のスズメ達の口コミのお陰でしょう。

今日もせっせと店長兼コック兼給仕兼オーナーのわしはミックスシードを茶色のお客様達に提供いたしますヨ🍚

らっしぇい🤗🎊

 

🏵️読んで頂き、有り難うございます🏵️

 

(その2)年中蚊の季節。寝る前の蚊への対処法。

うるっち!

✨コンチハ(ʘᴗʘ✿)✨


続きです。

蚊の話、就寝時のわしなりの対処法デスダ。


まず、やつらを一番厄介だと感ずるのは、やはりヒトが寝入ってからでしょう。

 

奴めらのいやらしさ大発揮タイムです。


いい感じに眠りこけている時、耳元に


ブ~~ン


なんて音たてられた日にゃあ、もう


ー殺意一兆倍ー


でしょう!


んで、まあ一番簡単な蚊の撃退法は


「蚊取り器」


を仕掛ける。。。というのがまず一般的な方法でしょう。


だが、わし的にはどうも、

・・・生き物・・

をコロス事が出来る物質が空気中に漂い、それを我らもが「吸っている」というのが気持ちのいいものでは無いのですヨ。


なので、蚊取り器を使うのは、常にという訳ではなく、

「寝込みを襲われた時にだけ」

眠い目をこすりつつセットする。という具合デスダ。

 

それに呼吸器の発達した生物である我が家の小鳥たちの万が一も考えて、あまり使いたくないというのもある。

(彼らのいるお部屋では蚊取り器は使いませんが。。。)


よって、まず

寝る「前段階」でする事がある。。。


やつらはずっと飛び回っている訳ではナイ。


結構、


「壁」や「天井」


ジッ・・と待機している事が多い。


んで、寝る前に、スタンバっているそやつらを探し見つけ叩き潰すのです。


手の届く距離なら手で。高い場所はマクラ座布団を振りかぶり、

一気に叩く!


天井の場合は・・・奴のとまっている真下に移動し、立方体の

「TV枕」

をバスケットの選手宜しく両手で構え、狙いをつけて一気に放つ!!


両手で叩き飛んでる奴めらをいてまうのは至難の業だが、ジッとしている所を飛び道具などのアイテムを使い、あの世に送るのは案外たやすい。


ただ一つムカつくのは、

潰した時点で既にタップリ吸血している・・・

という事が多い点。

 

 

そんなことを毎日しているせいか、壁や天井にはぺったんこになった

「蚊せんべい」

があちこちにくっついている・・・。


「せんべい」は濡らしたティッシュなどで擦らな取れん。。

その上、高いところにあるものを除去するには椅子を用いねばならない・・・!


。。。めんどいぞお


よって、

「そのうち取ろ!」

などとなり、「蚊せんべい」があちこちに放置され、まるで

「お前はコレクターか?」

と言われかねんようになっている。


ま、見た目もあれですが、


おっしゃ!

ーーー見つけたぞ!!


とばかりにTV枕を投げつけたら、それは

既に逝ってる蚊せんべいだった・・・

ということも多々あり。


パッと見、生きてるのか死んでるのか分からんせんべいが多いなりよ・・・。

なので、生きてるものと勘違いして、上記の様な無駄なアクションをしてしまう。


紛らわしいアルね。

 

(え?こまめにせんべいを取れば済む話?)


などというのが、寝る前の儀式アル。


これで全部を駆除デキル訳では無いが、しないよりはいいでしょう。


それでも難を逃れた蚊どもが就寝中にやってくる。


最終兵器、

「蚊取り器」

をセットする前に出来うる限り奴らを亡き者にする。。。

就寝してからのわしなりの方法は。。


長なったので、また次回に(*´ω`*)


f:id:icuteno2:20220531104155j:image

メイ君:「ふぁ~。。ネム。。僕これからオヤスミタイムだよ。寝る前に虫との戦いなんて大変だね。。ま、ガンバってよ」

 

蚊など「我関せず」な寝る前のメイ君。

ちみも蚊退治に協力して欲しいですヨ。

案外空中戦あたりいけるのでは。。?

 

ここまでいらして頂き、感謝致します💖

 

 

 

 

 

(その1)年中蚊の季節。奴らへの対処法

 

コンニチハッ♡(> ਊ <)♡


季節です。。

例のきゃつらの季節です。。


「きゃつら」とは?


「蚊」


の「奴ら」の事です!!


まだきゃつらの襲撃に遭っていない方々もおられるとは思いますが、うちはほぼ


年中!


あやつらに悩まされております。


家の近くに水場があるから?


。。でも

冬にまで(TT)アラワレル。。。


なので蚊取り器は季節問わず必須なのであります。。。


流石に、めっちゃ寒い日は姿は現しませぬが、すこーしでもぬくい日は、


ブィーーン


何だ何だ!あいつらは!

節操ないぞ。。。

せめて冬場くらい大人しくしとれ!


そして、ぬくくなってきている昨今、奴らめは更に元気いっぱい。パワー全開。


そして。。気のせいでしょうか?

若い頃は蚊めらを百発百中で手で仕留められていたのですヨ。

ところが、最近は


10回中1回!


はヒットしたらいい方。。。


蚊が進化している?


何か目で追ってても途中で消えるし。

ワープ能力を獲得したのか?


てか、歳によるわしの動体視力と敏捷性の衰えのせい。。。?


そんな神出鬼没の難敵を家に入れさせまいと(特に日が暮れてきたら)外出先から帰った家人には素早く玄関に入り、即行ドアを閉めるように!とキツーク言っている。


のだが、


アイツらどこから入ってくるんだ!


わ~~ん♬


なんて、目の前を呑気に横切ってたりするヨ。


どんだけ気を付けて家の出入りをしても、奴らはブンブン飛んでいる。


あまりに多いので、

「どこぞの部屋で繁殖してるのでは?疑惑」

が湧き、特に水を扱う、台所、風呂、洗面所、トイレ。。を見て回ったが

ボーフラ

が、わいてそうなとこは無し。


家のどっかに秘密の穴が空いているんか?

それとも知らぬ場で雨漏りがしてて、水が溜まる。そしてそこが繁殖場になっているとか?


ほんとどっから来るんだあ!


その上腹立たしいコトに蚊どもは

旦那を無視して

わしと息子ばかり

を刺しまくる!


旦那は

「結婚してから蚊に刺されなくなったよ♬」

などとニコニコしとるが、

 

その分わしらが餌食になっとるのじゃ。。。!!


まれに旦那が刺される時もあるが、それは決まって家に旦那一人の時。


よほど飢えてて他に食うものが無いので、仕方なし激マズな旦那を刺すのであろう。


いと哀れ。


などと同情などせぬ。


皆一番、蚊に襲われるのがイヤな時間。。

そう、


「就寝中」

 

のわしなりの対処。。


それについてはまた次回に(。•̀ᴗ-)✧


f:id:icuteno2:20220524101804j:image

あいちゃん:「もお!蚊って、私達小鳥からしたら、めっちゃデカいのよ。。あんなのに吸われたら一発で貧血になってしまうわ!」

 

幸運にもうちの小鳥達は蚊にさされないようです。

羽毛に覆われているから?脚の皮膚が固いから?

それともただ単に口に合わないとか。。。

謎!

 

 

お読みイタダキ、有り難うございます😆💞

 

 

 

ばあちゃん。興味深きいきもの。

コンヌツハ( ≧Д≦)


かなり高齢になり、理解不能な言動をする。。のがやたら増えた気がする

 
我がばあちゃん


ま、昔からそういう特徴はあったのですが。

認知機能は年相応の衰えとは思います。

でも、何か更に不思議ニンゲンになっとるなあ。。。

という先日のエピソードをば。


。。母とわしとで、ばあちゃんを初めての歯科医院へ連れて行ったとです。


車から降り、明らかに目の前に医院があるのに、

「どこよ」

と聞くばあちゃん。まあ、これはいつもの事ですが。

認知症ではない)


医院に入り、

それから、問診表を渡される。

母がばあちゃんの代わりに記入。。。

で、「持病」の欄があり、高血圧、心臓病等、該当する箇所にチェックを入れるようになっていた。


母:「高血圧と心臓病(にチェック)やな」

ばあちゃん:「病気ら何も無い。そんなん罹ってない」


母:「(!!)血圧高かったやん!治ったん?」


ばあちゃん:「前から高ない」


わし:「心臓も悪いやん!」


母:「じゃあ今飲んでる(血圧と心臓の)薬は何?」


ばあちゃん:「飲んでるけどチガウ」


母:「( ゚∀゚)・∵. グハッ!!」

 

。。。つまり、高血圧と心臓病の薬を服用しているが、そのどちらにも罹っていないと。。。


じゃあナゼ飲んでいる??


。。もはや薬は嗜好品になっているのか?

それともサプリ代わり?

 

母はばあちゃんの返答に思わず吹き出したが、


母:「もう!血圧と心臓にチェックいれとくで!」


ばあちゃん:「。。。。。」(不満気)


などという不思議なやりとりが。


そんで結構な時間待った後に、診察に呼ばれたばあちゃん。

母は付き添い、わしだけ待合室で待機。

治療に時間がかかったのか、案外長かった

 

んで、診察後


ばあちゃん:「ええ先生やったわー」


母:「そうやね、サッパリしてるし、丁寧に診てくれるし」


ばあちゃん:「ホンマにええ先生や。細かいとこまで診てくれたわ♪」


と、喜んでいた。


ところが、


ばあちゃん:「あんなに診てくれたから時間かかってしゃあないわ。ほんまに丁寧すぎや(怒)」


などと

寸前の「感謝」から、いきなりの「文句」変化


変わり身はやない。。?

 


うーむ、

謎多き90代。


たまにしか会わないが、会う度に

「謎度」

増している。


同じ血を引くわしも、ばあちゃん位の歳になったら若いモンから


異界育ち?


などと思われるほどの変わりもんぶりを発揮するやもしれん。


明日は我が身と思いつつ、ばあちゃんとのオモロイ思い出を増やしてこ。

 

興味尽きぬ我がばあちゃんの言動でありました。


f:id:icuteno2:20220518143517j:image

子ちゅん:「春です。子雀の季節です。さっき食べちゃったから残ってないなあ。。。」

 

うちに来てくれる雀の子です♫

真ん中にいます。小さく写ってるので分かりにくいですが(あまり近付くと飛び立ってしまうのデス)。

 

(少しでも腹の足しになればと)雀達にうちの子達のシードの残りを撒いてあげたのですが、既に食べ尽くされた後なので無いようですね。。

 

あまり頻繁にシードを撒くと、そればかりに頼って他での採餌のスキルが衰えそうなので、基本撒くのは日に一回か二回にしてます。

 

今の時期は巣立ったばかりの子雀もよく食べにきてくれます♬

 

癒やし〜(人 •͈ᴗ•͈)カワユイ!!

 

生き抜くんだよ!!ガンバレ子雀!

 

ここまで読んでイタダキ、感謝いたします✨

 

ナンテコッタ。うちの男衆は下りやすい。

こんにちはっ✧◝(⁰▿⁰)◜✧


オナゴは便秘しやすく、オトコはゲリピーになりやすい。

らしいですねえ・・。


確かにそうかもしれませぬ。

わしの周りもそんな感じですよ。


ま、例外もありますが。


今回はそれについてのうちの男子どものハナシを。 。

 


旦那、息子・・・。

すごいっスよ。


そんなしょっちゅう下しとって、

よう身が持ちますなあ・・

と、気の毒を通り越して感心の域。


まず息子

突然ゲリバラになる。なので、授業中でもトイレットへよう通う。


登下校中でも腹が

「グルル。。」

ときたら、近場のコンビニへ飛び込み、ベンキを借りている。お店に感謝!


思い出深いのが、

過去行ったディズニーランド。

そこでも突然の腹痛によりディズニートイレに走った!


が、


案外並んでいた。。!


ところが


前に並んでいた心優しき紳士が、(あまりに痛がっていたせいか)息子の緊急事態を察し、順番を譲ってくれた。。。


ありがとう。。。

息子はパンツを洗わずに済んだ。


トイレの順番を譲られたのが初めてでとても感激したのだ。

 


他は、よくあるのが高速走ってる最中に腹痛がはじまり、サービスエリアまで

「デルナデルナ!まだだぞ!ガンバレ!!」

などと息子を励ましながらハンドル握ることも数しれず。。。


もー、電車やバスなんて。。。

(┛✧Д✧))┛彡┻━┻キエェーッ

 

そして旦那。

モチロンよく下す。


アイスをちょっと多めに食ってもアカン。

冷たい液体。。冷えた茶やアイスコーヒー。。を飲むともうアカン。


キシリトールガム、アカン。


それに何故か原材料に変化があったか?

天下の○キンラーメンを食っても下るように。


一つ合点がいかないのが、わしが新しいレシピでこさえた食事を食ったらやたら腹を壊すのだ。


普段のメニューでないので腹がビックリするのか?


なので、外食でもオリジナリティ溢れる創作料理系はイカらしい。。。

 

などなど。

 

腹を壊すのが年に数回のわしからしたら、信じられん2人ナノデス。


んで、ババチィ話で恐縮ですが、ゲリバラ状態でトイレットを使われると、その後がなかなかの惨事になっている。

ただ流すだけでは済まないのです。


「トイレ掃除さっきしたとこやのに!」

なんてコトしょっちゅう。


いつの間にかトイレ掃除、わしがすることになっとるし。てか、誰もせんからわしがするしかない。


なので、惨事を拭うのはわし。

 

しかし、この二人の腸内環境はどうなっているのか?


大体、プ~のニオイがキツかったら悪玉菌優勢の腸内環境だと聞いた(真偽の程は定かではないが)


『息子のPu〜=それなりにニオウ』


ところが


『旦那の=ほぼ無臭』


どうなっとん?


先に述べた通りなら、「無臭」の旦那は悪玉菌は極めて劣勢のハズ。。?

だが、よく腹下すのはナゼだ。

。。

腹下しには腸内細菌の善悪は関係無いのか?


ワカラヌ。。。


余談ですがうちの家族外の男性陣はというと、わしの弟はよう下す。そして、旦那の兄さんも。。。


遺伝も関係あり?


f:id:icuteno2:20220505124116j:image

「だ~れだ?

ヒントは

カワユキ女子十姉妹

私は女のコだけど、たまにウンPがゆるくなるの。そんな時は鳥用乳酸菌マシマシで♪」

 

あいちゃん達、プリチーバーズも時々うんPが怪しくなるのです。そんな時は鳥さん用の乳酸菌パウダーを多めにご飯にかけてあげマス。

鳥にもサプリ(•ө•)♡

 

ここまでいらして頂き有り難うございます♫

 

デブあるある。肥満は百害あって一利なしナリ!

らっしゃいまし(人*´∀`)。*゚+


わし減量宣言しましたか?

しましたね。


チートデイも挟みつつ、ガンバッテマスよ♪


ダイエット歴30ウン年。

リバウンド数しれず。


いやあね、「デブあるある」で我が身に起こり、

へえ、これがそうか!

と感心した事を2点

 

まず1点目。

 

Gパン
歩く際、両フトモモの内側の部分が溢れんばかりの肉による摩擦によって、股擦れをオコス。

というステキ現象が。。。


その件の箇所を息子が発見したのです。

「アーッ!モモのとこ穴開いてるっ」

なんて叫びおった。


。。そういやあ、やたらGパンのフトモモ内側に毛玉が発生してると思ったヨ。

擦れていたのですねえ。

知らぬ間に穴に進化していたのですね。


しみじみ眺める。


両足のフトモモは肉のおかげで密着している為、擦り切れている箇所は隠れて分からない。


なので、

穴あき状態のGパンでお外へも平気でGOしていた。


。。。何かね、肥満になると着られる服も限られてくるし、気持ちも肉と共にたるむのですよ。


そして、今コロナ禍。

できうる限りお家にいたい人間になってるわし、お外へは限りなく出ないようにしている。

 

なので、気楽な部屋着生活。

 

ますますたるむ。

 

おっと脱線。


まあ、それは置いといて。

 

次、肥満による感心、

2点目。


肥満になると、上品な話では無いが、

胃の内容物が逆流しやすいような。。。


わしだけ?


特に腹いっぱい食べ、水分も多めにとると、上体を起こしたままでもゲップをするとギュルルッと鮭の遡上の如く、胃の中のモノが喉を駆け上ってくる。


逆流性食道炎


。。以前とある健康番組でも逆流性食道炎を取り上げていた。


被験者はモチモチのおデブタレントだった。


肥満の彼らにご登場いただいたのは、やはり

デブっていると逆流性食道炎になりやすい

というのを番組側は証明したかったのだろう。

 


食ってすぐ横になると。。上がってくるよ。

という、そのおデブタレントの体を張った実験で分かった。

という内容だったと記憶する。

 

が、

 

横にならんでも、立った状態ゲップ一つで「ウップ!」となるわしはかなりヤバいのか?


特にカレーを食ったあとは要注意ですな。

あの食物は汁っぽいし。


やはり肥満は百害あって一利なし。


そして、

若い頃の肥満より年いってからの肥満の方が危険度が高い気がする。


とまあ、デブあるあるは他にもあるのですが、とりあえずはこの2つで乁| ・ 〰 ・ |ㄏ

 

 

そうそう、減量の方ですが、

ジワァ。。。とですが、一進一退を繰り返しながらも体重は落ちてはきている。

 

もどかしいが、

焦るとリバウンドしやすくなるし。

 

ジッとガマン┐( ∵ )┌


f:id:icuteno2:20220421130312j:image

まめ:「ポリポリ!おいし~♫肥満は小鳥にも大敵!!ちゃんと私らの食事管理頼むよ!」

 

まめの大好きなオヤツも肥満が怖くてあまりあげられないのですヨ(+_+)

喜ぶ姿いっぱい見たいのですが。。。

 

お読み頂き、感謝!!

 

 

 

 

 

 

「気力旺盛=若さ」ではないのか?

ハロォ꒰⑅ᵕ༚ᵕ꒱˖♡


年齢がかさむと、体力だけでなく気力も削られますね??


個人差は大だとは思われますが。


わしの70代の母も昔に比べてやれ、面倒だ。やの言うて、新しいこと覚えようとせん。

特にIT、メカ絡みのもの。


ガラケーからスマホに強制的に父によりチェンジさせられ、それから長きにわたり使いこなせず、ぶつくさ文句をたれていた。。。我が母。


だが今は、

スマホって便利やねえ♪」

ときたもんだ。


慣れ。。ですかな。


わしは若かりし頃はあらゆる製品のマニュアルを読むのが楽しく、就寝前に本代わりに読み込んでいた。


ところが


今では、面倒くさくてしゃあない(・ัω・ั)


こないだ壊れたブルーレイレコーダーのマニュアルも、結局最後までろくすっぽ読まずにテキトーにボタン押して感覚的に使っていた。


マニュアルが分厚ければぶ厚い程、読む気は削がれる。。。


気力の減退?


他は、


まだ40代前半の頃、家族で一泊で国内旅行した。息子にサービスで泊りがけの海水浴に行ったのデスヨ。

んで、泊まる旅館の周辺に温泉が結構な数点在していたのです。

 

チェックアウトする際、旅館側から周辺の温泉に格安で入れるチケットを貰ったのだが、

「もうシンドイっ!これ以上くたびれたくないっっ」

と、わしら夫婦は異口同音、さっさと帰路についたのだ。


かなりオトクだったのは分かっていたが、寝泊まりし、海水浴。。

もう温泉入る気力も体力も枯渇していたのだ。


そして、

コロナ以前のニュース番組で、とある空港でインタビューされていた老婦人。。。

ヨーロッパの方へ8日程(!!)行ってたと。

年齢は。。

80代だと!!


あわわ。。。

凄いパワーだっ!!

そんな歳で8日も!しかもヨーロッパああ!?


わしなんてもう、この年でも海外旅行なんて、カンベンしてつかあさい。なのに。


ディズニーランド行くのでもさえ車、電車、新幹線に乗り、だだっ広い空港内歩き回り、飛行機乗って、まあ、その他様々色んな事せなアカンかったというのに。


思い出すだけで、もうかなわん。


国内でもそこそこ遠いトコ行くんは、かなりな覚悟がいる。


だからもう、外国な上、飛行機乗り換えんと行かれん土地なんて、わしにとってはもう考えられん。思考停止

 

ちと話はズレます。

昔亡くなった、ひいばあちゃんの娘たち(沢山おるねん)は、親孝行とばかりにひいばあちゃんをアチコチと旅行へ連れて行こうと努力したらしいが、本人が面倒くさがって行こうとせんかったらしい。


分かる。


ひいばあちゃんの気持ちが。


そうそう、年取ったらそうなんよ。心身共に疲れるし。

(わしは亡きひいばあちゃんの歳にはまだまだ及ばんが)

 

よって、旅行好きの人は皆、年いってても元気に見えるのは気のせいかにぃ?


そういう気力旺盛な人らは、皆外見もハツラツとしてて若いような。。

まとっているオーラが違うのか?


まあ、ドラえもんの「どこでもドア」でもなけりゃ、わしゃ遠方の旅行(特に海外)には行かんやろねえ。。。

フフッ

枯れとるね。


*******


んー。


若く元気でいようと思ったら、身体の健康うんぬんもそうやけど、やはり一番の特効薬

「気力」

な気がする。


暖かさと共に心身たるんできとるわしはこのままではドンドン老け込んじまうよ。


あーでも、

「やる気(気力)を出すぞ!!」

なんつて、いきなり出せるもんでもないしなあ。


出来れば半永久的に冬眠したい昨今。


たるんでるな。。


「ヤバい。。気がする」


となれば救いがあるのだが、

そういう気もナシ(ノ゚0゚)ノ~


これも更年期のせい?

 


そうしとくか。

 

。。。(☞゚∀゚)☞ま、何とかなるっしょ!


f:id:icuteno2:20220329152155j:image

あいちゃん:「私達は元気のカタマリ!」

メイ君:「かわいそうに。僕らのパワーを少し分けてあげるよ」

 

いや、結構です。。。

十姉妹にも同情されちまいましたヨ

┐( ∵ )┌

彼らはいつも元気いっぱいですからねえ。

 

ここまできて頂き、ありがとござんした❤️